鳥取県の農業と農村の支援策に取り組む!

鳥取県農業応援団
公益財団法人 鳥取県農業農村担い手育成機構
育てアグリとっとり
トップページ > 農地中間管理事業 > 事業実施の手順

事業実施の手順

メニュー

鳥取県での具体の手順

kobo_bnr03_03.jpg process01.jpg

process_001.jpg市町村は法26条に定める農業者との意見交換会を行い、担い手のための農地中間管理事業の実施の可能性と内容を検討

○事業の目的は、担い手の耕作農地の集約、作目別の集約など(分散錯圃の解消)を主眼とします。

process02.jpg

process_002.jpg市町村は課題意識をもって「人農地プラン」の成熟化に取り組むものとし、話し合いによる担い手の明確化、出し手の意向調査などに取り組み

○担い手とは農業をする意欲があり、農業が可能と地域が認めた者であって、大規模な者だけではありません。

process02.jpg

process_003.jpg機構の業務の一部は市町村に委託して実施

○市町村は農業委員会と連携して業務を行います。
○出し手、受け手との交渉、利用配分計画案の作成、相談窓口 など。

process02.jpg

process_004.jpg機構は法律の定めにより3つの業務を直接実施

【1】担い手の募集、誘致、育成
○事前に担い手のニーズを把握し公表します。
○市町村をまたがり広域で営農する担い手を支援します。

【2】借受ける農地の決定
○耕作放棄地で利用の見込みのないものは引き受けません。
○担い手の見込みが皆無なものは引き受けません。(地元と協議する。)

【3】中間管理と条件整備
○耕作見込まれる農地は、耕作者へ貸付けされるまでの間保全管理が可能です。
○条件が整えば、耕作者の希望で農地の条件整備が実施可能です。

process02.jpg

process_005.jpg農地の配分の考え方

○機構が定めた農用地利用配分計画を、知事が認可して権利が確定します。
○現状の担い手の状況を勘案し、貸しはぐり等が起きないようにします。

関連のお知らせ

公益財団法人
鳥取県農業農村担い手育成機構

[鳥取本部]
〒680-0011
鳥取市東町1丁目271 鳥取県庁第2庁舎8階

TEL.0857-26-8349
Fax.0857-29-4867
E-mail:tnk@t-agri.com


[米子本部]
〒683-0054
米子市糀町1丁目160番地 鳥取県西部総合事務所4階

TEL.0859-31-9780
Fax.0859-35-0198
E-mail:tnk-west@t-agri.com